江草の日常ブログ

※このブログは、旧ブログになります。
このブログへの投稿は休止します。

ブログよりSNSへの投稿頻度の方が高くなっているため、

このブログへの投稿は休止いたしますが、

“旧ブログ”という扱いで、公開はしておきます。

(時間があれば、過去の投稿記事を編集するかも知れません。)
今後とも、宜しくお願いいたします。
| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 18:31 | - | trackbacks(0) | pookmark |
大統領選 数ヶ月前のトランプ氏の演説

トランプの演説風景

とにかく、すごい歓声です。
 ▼ ▼ ▼

http://bcove.me/u1zxkfxy

| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 14:38 | - | trackbacks(0) | pookmark |
色彩検定は役に立つか
色彩検定(色彩検定協会による)
という資格試験があります。

基礎知識を得るという意味では、有意義な試験です。
やる気さえあれば内容も簡単なので、毎年かなりの数の学生がこれを受験しています。

しかし、
色彩検定で取り扱われている情報は
あくまでも基礎知識です。
実践では案外と使えない部分があります。

例えば、
理論上、良いとされている基本的な配色パターン、
これは何通りも存在しますが、

これを真に受けて、
ただ理論的に配色を決めようものなら、
いかんともしがたい、ださい配色になる事があります。

ですが、
もともと色勘がにぶい人の場合は、
どうしても配色の理論にはまってしまい、
「これが正しいはずだ」と思い込んで、一向に抜け出せません。

色彩検定、

役に立つ資格かそうでないか、もし問われたらば、

「知識として知っておくべき内容ではあるが、
保有者の実務能力を測れるものではない。」

となります。

| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 10:20 | - | trackbacks(0) | pookmark |
常識
常識やルールを頑なに守っていると、
必ず、時代に取り残されます。

そろそろ、気付かなければなりません。
このマークが、もう使えないという事に。

        黒 電 話。

 

かつてデザイナー達は、
電話番号の前に、好んでこのマークを付けたものでした。

現代の若者の中で、
この形状の電話を見た事がある人間が、
はたして何パーセントでいるしょうか。

時代の変化は、文化の変化、そして、常識の変化ですね。

| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 10:17 | - | trackbacks(0) | pookmark |
わが身を振り返る。

まじめな話を。

かれこれ15年以上、デザイン業界を見てきて、
その間に、多くの方々の口から「報酬の値下がりが酷くてやっていけない」という話を聞きました。
私が業界に入った頃、デザイン会社と言えば例え零細であっても、
1台数十万〜数百万円するDTP用機材を設置している事がごく当たり前でした。
スキャナーは百万円、
デザインソフトは数十万円、
フォント1つとっても今とは桁違いに高く、おおいそれとは環境を整備できないといった具合です。
また何よりも「インターネット」がさほど進化・浸透していませんでしたから、
デザインを1つ仕上げるたびに、紙へプリントアウトし、営業マンがそれを持って取引先から取引先へと右往左往....。
つまり、設備投資費が莫大なら、人件費も莫大だったわけです。

今はどうでしょう?

実に簡単に、スピーディに、そしてローコストで作業が出来るようになりました。
一方、デザインの需要は減ったでしょうか?
恐らくむしろ増えています。
社会の進化とともに、取り扱われる情報量は爆発的に増えました、当然、それらの情報をいかに見せるかという点において、デザインスキルが果てしなく求められます。
もう既に、皆さんも良くお気付きだと思いますが、
無料のデザインテンプレートは、ほとんど何の役にも立ちません。結局はカスタマイズするセンスが必要です。
そのセンスにも、時代によって流行があり、いつまでも10年前のセンスではどこへ行っても嫌がられます。

要は、新しい時代、新しい環境、新しい流行に適応していけるかどうか?

問題は、ほぼその1点に尽きるんでしょう。

時々、同業者が作品集を持って営業訪問にやって来ますが、
だいたい10年選手、20年選手の方です。
しかし残念ながら、これはセンスが古いな、ツライなと思う場合がほとんどです。
「最近、仕事が減って....単価が下がって....」と仰いますが、
こちらからは、何とも言いようがありません。

そして、明日は我が身かも知れません。

「報酬の値下がりが酷くてやっていけない」と毎日考えるようになったら、
きっとそれが赤信号なんでしょう。
時代を振り返ることを忘れている、いつの間にかものぐさになっているのかも知れません。

| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 14:06 | - | trackbacks(0) | pookmark |
DTPにおける著作権の基礎知識
古い動画で恐縮ですが、 のんびり解説した動画です。
このごろ話題になっている商標権について考える前に、 まずは著作権について知ると良いかと思います。
| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 16:26 | - | trackbacks(0) | pookmark |
芸術家はデザイナーになれるか
どんな業界でもそうですが、
同業者の間では常識的なことでも、
一般の方には全く理解できない事が多いですね。

先日、友人と話をしていて、
芸術家と商業デザイナーとの違いが
思ったよりも一般に理解されていない事実に、あらためて気づきました。

何が決定的に違うかと言いますと、
芸術家は、己の内側から外側へ向かって表現します。
ただ風景を描くだけにしても、自分が美しいなと感動した景色を
自己の視点で描くわけです。
極端な場合、己そのものを静物に置き換えるぐらいの事ですね。
それに対して商業デザイナーは、
外側から始まり、また外側に対して情報を表現・発信します。
己が良いと思う物をではなく、外側の人達が良いと思ってくれる物を発信するのが基本です。
これだけでも、まったくスタンスが異なる事が分かるかと思います。

一流企業や新進気鋭の企業などが、時折、一流の芸術家に商業デザインを依頼しますが、
その結果しばしば不思議な成果物に遭遇して面くらいます。
これは、最初から分かっていたはずの事、変な言い方をすれば「仕方のない事」です。
しかし人気の芸術家に依頼したなら、それだけでも非常に話題性があり、国内外を問わずさまざまなメディアが取り上げてくれますから、ある意味では十分にプラスです。
特に、提供期間があらかじめ限定されたイベント物や、流行性が強い物に関わるデザインであれば、存分にその威力が発揮されるでしょうね。

中には、芸術家と言いながらも商業デザインの方面にも卓越した希有な方もおられますから、
そうした方の場合、双方の特質をよく理解した上で、経験と勘とをフルに活用して長所を組み合わせ、きっと他者の追随を許さないでしょう。
しかしそうでない一般的には、芸術家はやはり芸術家であり、商業デザイナーにはとてもなれません。
両者はまるで紙一重のように見えますが、非常に本質が異なるのですね。
なかなか、理解されにくい事です。
| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 10:21 | - | trackbacks(0) | pookmark |
スマホの普及と、デザインの進化

2Dデザインの3年前までの常識は、
一度見直すしかないかも知れない。
レイアウトの仕方はもちろんの事、配色、情報の量。

スマホの急激な普及もあり、
ここ数年、ますます大量の情報にまみれるようになってきた。
それに反比例し、人々の
文字情報に対する感性は、非常に短気になってきたと感じている。

良かれと思って大量に情報をのせれば
さっさと読み飛ばされるし、
凝ったレイアウトは、意図が理解されにくくなってきている。


 
この1年、メールでは、
文末ではなく文頭に差出人情報を書く人が急増した。
そのおかげで、多忙な中メールを大量に開いても、
最初の一目で、確実に差出人を認知できるようになった。

事前に登録していないアドレスから
重要な知らせを受信する事も当たり前になり、
メールの量は増えるばかり。
したがって、
冒頭に差出人を明記する人が増えた事は、必然だったと思う。

また、気が付けば、
リスト情報などはフォトリーディングをしている。
つまり読むというよりは眺めている。
そうでもしないと、ラチがあかない。

この読み方は、無意識に行っている人が多い。
試しに、中学生くらいを対象にした本を、ペラペラめくってみれば良い。
ページを眺めただけで内容が頭に入ってきたら、
普段から、無意識にそういう読み方をしている。

逆に言えば、
もう、一目で理解できるような簡潔なレイアウトをしなければ、
情報として受け付けてもらえなくなってきている、という事で。


先日、楽天のショッピングサイトのことを、
情報だらけで読みづらく、大嫌いだと言う人がいた。
確かに、あのゴチャゴチャ感は、これから先は厳しいだけのように思う。

同様に、最近
これはもうダメだと思ったのは、
携帯の料金プランを案内するパンフレット。

ただでさえ、ややこしいプランが、
あいかわらず大量の文字や小さな図にまみれ、
余計にややこしくなっている。
読もうとしただけでストレスを感じるレベルだ。

いかがなものか・・・・

| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 15:34 | - | trackbacks(0) | pookmark |
【店内での商品陳列の様子いろいろ】
デパート・薬局・コンビニなどで
商品の陳列の様子(現場)を見てまわったので、
せっかくなので写真を掲載しておきます。

プレゼン等で
陳列イメージなどを制作する必要がある際に
参考になると思います。

売り場お菓子ボールお菓子ボールお菓子ボールお菓子パッケージお菓子パッケージお菓子パッケージコンビニ店内コンビニ店内コンビニ店内コンビニ陳列コンビニ陳列コンビニ陳列薬局の陳列薬局の陳列薬局の陳列デパートお菓子売り場デパートお菓子売り場デパートお菓子売り場売り場売り場売り場商品陳列商品陳列商品陳列



| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 16:03 | - | trackbacks(0) | pookmark |
謹賀新年
何かと厳しい時勢でありますから、
少しばかり偉そうな事を書かせて頂きます。

舞台に小人しかいない暗雲の時には、
自ら地にもぐり、身を隠して艱貞に徹するが賢明であると、
主に東洋の古典が教示するところですが、
この道理は、現代日本の経済活動においても良く通じるものだなと、感じる最近です。

一見すれば、智慧や勇気や才能のある者がとるべき行動のようには思えませんが、
そうした感覚や焦燥感に惑わされて、
打って出るべき時機を見誤ってはいけませんよ、と
先人達は戒めているのでしょう。


また枚挙にいとまがない話ですが、
爪がない敵ほど、毎日せっせと爪を磨いて見せびらかしに来るものです。
文字通り、“身を削り、爪を削って”無理をして虚栄を張っているにすぎません。
これに踊らされて元来の自分のペースを奪われては、
けっきょく何事も成せないという事でしょう。

2013年、
皆様のますますの御活躍、御多幸をお祈りいたします。
| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 10:27 | - | trackbacks(1) | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES




人気ブログランキングへ

クリックして応援お願いします!

+ ARCHIVES


+ RECENT TRACKBACK
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE