江草の日常ブログ

※このブログは、旧ブログになります。
レタッチした写真を使ったら注意書きを(フランス)

どの程度のレタッチから注意書きが必要になるのか、気になるところ。

https://www.gizmodo.jp/2017/10/fr-photoshoped-iamge.html

| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 14:38 | - | trackbacks(0) | pookmark |
酒類CMの規制

2015年から始まった
ビールCMの「ごくごく音」の規制は、
ますます強化される傾向にあり、
ただでさえ人気の下降がとまらないビール業界にとっては
なんとも厳しい話です。
これらの規制の理屈を正しいとするならば、
自動車CMのエンジン音やブレーキ音も、
事故経験によるPTSD患者を追い詰めるから良くない、
やはり全面的に規制しなければなりません。
どうも、ひっかかる話です。
今後の展開に注目ですね。

| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 14:36 | - | trackbacks(0) | pookmark |
鉛筆の芯を削って作るアート

鉛筆の芯を削って作るアートを、ネット上で頻繁に目にしますが、
海外の多くのケースはこのように、極太の芯を使ったものですね。
一体どこで売っているんでしょうか?
どんな芯が彫刻に適しているのでしょうか(破損しにくいか)?
試した事がないので定かではありませんが、粒子の細かさや硬さからすると、HBあたりが最適じゃないでしょうか。
もしかすると、彫刻専用の鉛筆があるのかも知れませんね。

| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 14:34 | - | trackbacks(0) | pookmark |
龍芯って何ぞ?

中国製CPU「龍芯」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1048409.html

「龍芯」と書いてなぜ「ローンソン」と発音するのか、
中国の発音なら「ロンシン」でしょ? と思ったのですが、
よく考えたら「龍芯」はあくまでも中国漢字での表記であって、
「ローンソン」はあくまでも英語表記した場合の呼び名だと気がつきました。

それにしても、「龍芯」とはいかにも中国らしく、神々しいネーミングですね。
目を離せば、昇り龍のごとく勢いを増してゆきそうです。

神々しいネーミングと言えば、「Windows」の事を思い出しました。
ビルゲイツさんが作った「Windows」は、なぜ「Windows」と名付けられたのでしょうか?
実はビルゲイツさん、カトリック教徒です。
かつて、西欧で描かれる「窓」の絵は、キリスト教における神様の偶像を、暗に意味していました。
つまり「窓(Windows)」は「神様の御姿」です。
また、そうした偶像のことを古くは「イコン」と呼んでいました。
そう、これがすなわち「アイコン(icon)」です。
ビルゲイツさんの渾身の想いが伝わってきますね。
きっとWindowsを雑に扱うと、バチが当たりますよ。お気をつけあれ...。

| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 14:32 | - | trackbacks(0) | pookmark |
印刷入稿は余裕をもって

ここ最近、
印刷所の入稿用データの作成ルールが、以前よりも細かく厳しくなってきています。
この動きに伴って、
過去に印刷したデータをそのまま増刷にかけようとすると、
印刷所から差し戻されるという事態も増えています。
中には、データの仕様を変えるだけでなく、
デザインそのものを少し変更しなければならないケースもあります。
見込んでいた納品日に印刷物が間に合わない、という事にもなりかねません。
今後注意が必要です。

| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 14:31 | - | trackbacks(0) | pookmark |
目の錯覚を利用したトリック

最近観かけた不思議な動画を、ロールティッシュの芯で再現してみました。
もっとも、これは私が直感的に真似をして細工したので、
出回っていた動画とは仕組みが違うかも知れません。
https://www.facebook.com/egusa/videos/10210199429210535/?l=4232802244570864010

| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 14:27 | - | trackbacks(0) | pookmark |
印刷の色ぶれについて

印刷においてもっとも色が“ぶれ”やすいのは赤色です。
近年は安いネット通販型の印刷所が増えたため、
昔よりも色ぶれが激しくなっています。
どうしてもという場合は、
別途料金を支払って調整してもらうしかありません。
それでも限界はあります。


写真は、ネット通販3社へ同時に印刷を依頼し、しあがってきた現物の比較です。
用紙の種類も同じで、すべてオフセット印刷です。
しかし、
3社とも濃度と色味が違うことが、お分かりいただけると思います。
これくらいのブレは、マシな方なので、あらかじめ承知しておく必要があります。
同じ印刷所へ繰り返し同じ印刷を依頼しても、
1回目の印刷と、2回目、3回目とで、色は ぶれます。

| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 14:25 | - | trackbacks(0) | pookmark |
増え続ける商標

2015年時点で話題になっていた、有名な商標です。

(情報:特許庁より引用)
前半はメロディーの商標が多いです。
有名な商標有名な商標有名な商標有名な商標有名な商標有名な商標有名な商標有名な商標
| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 14:23 | - | trackbacks(0) | pookmark |
大統領選 数ヶ月前のトランプ氏の演説

トランプの演説風景

とにかく、すごい歓声です。
 ▼ ▼ ▼

http://bcove.me/u1zxkfxy

| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 14:38 | - | trackbacks(0) | pookmark |
色彩検定は役に立つか
色彩検定(色彩検定協会による)
という資格試験があります。

基礎知識を得るという意味では、有意義な試験です。
やる気さえあれば内容も簡単なので、毎年かなりの数の学生がこれを受験しています。

しかし、
色彩検定で取り扱われている情報は
あくまでも基礎知識です。
実践では案外と使えない部分があります。

例えば、
理論上、良いとされている基本的な配色パターン、
これは何通りも存在しますが、

これを真に受けて、
ただ理論的に配色を決めようものなら、
いかんともしがたい、ださい配色になる事があります。

ですが、
もともと色勘がにぶい人の場合は、
どうしても配色の理論にはまってしまい、
「これが正しいはずだ」と思い込んで、一向に抜け出せません。

色彩検定、

役に立つ資格かそうでないか、もし問われたらば、

「知識として知っておくべき内容ではあるが、
保有者の実務能力を測れるものではない。」

となります。

| 江草千春プロフィール | 仕事のこと | 10:20 | - | trackbacks(0) | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES




人気ブログランキングへ

クリックして応援お願いします!

+ ARCHIVES


+ RECENT TRACKBACK
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE