江草の日常ブログ

※このブログは、旧ブログになります。
壮大なロマン
例えば
シュワルツとグリーンは、

ヒモ理論のアノマリーを解決するために
5年間も数式を書き続けた。
5年間も。

大きなロマンの前には、
惜しくない労力だった。

彼らはそれまでの経験から、

「この課題を解決したところで
周囲に騒がれる事はないだろう」
とも思っていた。

しかし、それでも良かった。
じっとしていられず、
ロマンを追い求めて計算し続けた。

ロマンが人に与えてくれる力は、
なんて際限がないんだろう。

| 江草千春プロフィール | 勉強のこと | 20:45 | - | trackbacks(2) | pookmark |
Windows × IE 多いな ....
これは、
私が管理している あるサイトの
1週間のアクセス解析内容です。

ブログのアクセス解析

ほとんどが
日本国内からのアクセスです。

iPhoneよりもAndroidからのアクセスの方が多いとか、
Windowsユーザーの数が
あいかわらず圧倒的だったりとか、

興味深い ...

ちなみに、
職業・老若男女問わず来訪してくる、
ちょっと特殊なサイトです。






| 江草千春プロフィール | 勉強のこと | 20:55 | - | trackbacks(0) | pookmark |
メモ探し
これは、
速記で書き取っていたメモを、
後に、自分でキレイにまとめ直したものらしい。
(あまり覚えてない...)

最近、とある大事なメモを探しているのですが、
目当てと違うものが出てきます。
捨ててしまったのかなぁ....


高瀬保先生1998年
| 江草千春プロフィール | 勉強のこと | 20:02 | - | trackbacks(0) | pookmark |
metaタグ

良いとされる
メタタグの記述方法も、
数年前とはすっかり
変わってしまったようで。

メンテナンスをせずに
古いままで放置していたら、
すっかり逆効果...
なんて例も多いらしい。

やはりWEBサイトは
定期的にメンテナンスしてなんぼ、
作りっぱなしは論外て事か....

それにしても、
それにしてもですよ、

WEBブラウザの
バージョンアップが
早すぎませんか。

ちなみに江草は、
最近は主に
グーグルクロム。

次がサファリ、
その次がIE、
あとは状況に応じて
その他のブラウザを使用。

あ〜〜〜....
ネスケが懐かしい !!!!

学生の頃、
ゼミのために
ネスケで中国の宗教問題を
調べたもんです。
だから思い入れが強い。

小さな夜空に、流れ星。
あのぎこちない流れ星の
GIFアニメを眺めながら、

嘘かも本当かも分からん
「法輪功」の情報を
集めまくって、

あーでもない
こーでもないと、
資料にまとめてた、


懐かしいです。
とても。

| 江草千春プロフィール | 勉強のこと | 22:13 | - | trackbacks(0) | pookmark |
大学というところ
勉強する人達は
いつも早朝に登校して、深夜まで死ぬほど勉強しているのに、

遊ぶ人達は、
週に3日だけ
昼頃に登校して夕方までに下校する。

「勉強する子」は難しい授業ばかり受けるし、
「遊ぶ子」は簡単に成績がとれる授業だけを選んで受ける。


「勉強する子」と「遊ぶ子」は、
色々すれ違いすぎていて、学校内で出会わない。
出会っても仲良くなる接点がない。

「勉強する子」は、
ビールの一気飲みに百通りの方法がある事を知らずに卒業するし、

「遊ぶ子」は、
自分たちの大学図書館に
歴史的に貴重な書物がたくさんある事を知らずに卒業する。



大学では、何でも自分から動かないと、
先生達は な〜〜〜んも教えてくれん。

自分から動く生徒は、どんどん・ぐんぐん伸びていく。
自分から動かない生徒は、ただ遊んで携帯電話をいじりたおして卒業する。


中学や高校や塾とは違って、
基本的に自己責任。

時々、「大学を卒業しても意味がなかった」とか
「大学で学ぶ事が何もなかった」と言う人がいるけども、

今からでもいいから、
一度 自分が卒業した大学の図書館に行って、
本当に学ぶことが無かったのか
その目で確かめた方がいい。

私が言うと説得力が無さすぎるけど、

何にも気が付かずに卒業しては、
もったいない気がする。


| 江草千春プロフィール | 勉強のこと | 09:42 | - | trackbacks(0) | pookmark |
勉強の紆余曲折
中学を出たら働くんだ、

と一時は固く腹に決めていたのに、

親からの猛反発と紆余曲折をへて

受験勉強をはじめ、

その時に

さんざんカスだのバカだのと

怒鳴り散らしてくれた

○○○(ピー)を見返したいがために、

ムキになって進学高校を受験し、

入学したものの目的がなかったので

また紆余曲折してしまい、

猛反省し、

目的を見失ったまま

皆を安心させるために大学を受験し、

入学したものの

完全に上の空状態で、

また働きたいと言い出して親と衝突し、

けっきょく仕事をあきらめて

ムキになって猛勉強し直し、

隠れてこそこそアルバイトしながら、

とにかく大学を卒業し、

専門学校に行ったり

なんやかんやと紆余曲折をへて

現在にいたる。

けっきょく不思議なことに、

学校で勉強した事はほとんど無駄になってない。

子供の頃には、

「なぜこんな役にたたない事ばかり

勉強させられるんだ」と

疑問ばかり持っていたが、

それは

しごく幼稚な発想だったと、

後になるほど思う。





| 江草千春プロフィール | 勉強のこと | 16:25 | - | trackbacks(0) | pookmark |
就職活動について
古い話やけど、
私は大学と専門学校の
両方を卒業しとるので、

両方の学生の
就職活動の意欲について
つい比較してしまう。

もちろん、
他の人の体験談も
聞いての判断やけど、

おおむね、
大学生は
就活を2年前(早い人は4年前)から始め、
就職先を決めるまでに
数十社〜数百社に
コンタクトをとる。

(ちょっと前の軽い好景気の時は、
そこまでじゃ無かったかも知れんけど)

しかも1社ごとに、
エントリー作業、
説明会への参加、
社内見学、
筆記試験の受験、
面接数回
など、

複数回コンタクトをとるケースが
ぜんぜん珍しくない(むしろ当然)。

しかもおおむね、
就職先は
日本全国を視野に入れているので、
就職活動の交通費だけでも
すさまじい金額になる。

それを、
自分でアルバイトで
なんとか工面したり、
親にお願いして出してもらう。



で、その一方。

専門学校生は、

1社しか面接を受けない人や、
就職の半年前から
やっと活動をはじめる人が
めずらしくない。

理屈で考えると、

専門学校生は大学生より、
たくさん就職活動をせんと
就職先が見つからんと思うのに、
現実はかなり甘い事になっとる。

「アルバイトでも何でもいいや」
と最初からあきらめる人が
とても多い。


その意欲の違いから、

たとえば大学生は、
圧迫面接を受けてへこたれても、
それはそれと割り切る傾向が
強く見られたのに対し、

専門学校生は、
圧迫面接どころか、
普通の面接で不採用になっただけで
長らく落ち込む傾向が
顕著だった。

大学生は、
自分に関する資料を
場合によっては
ファイル一杯に用意して
挑むのに対し
(トラック1台分というツワモノもいた。
そこまでやると迷惑だが。)、

専門学校生は
先生から与えられた
1枚の用紙だけをもって
面接に行きがちだ。
つまり、ぜんぜん手間をかけていない。



きっと誰かのためになるだろうと思って、
非難覚悟で
比較して書いてみた。


専門学生には
専門学生特有のコンプレックスがある。
そのコンプレックスの原因の
一つである、
「大学生に対する誤解」を
解消するキッカケになればと思う。
| 江草千春プロフィール | 勉強のこと | 10:43 | - | trackbacks(0) | pookmark |
めっちゃ頭のいい方々
なんでこう、

複雑な計算や理論を
自在に展開できるような、
めっちゃ頭のいい方々に限って、

たまに
「そんなんアホでも分かる事やん」
って言いたくなるような
基本的な部分でつまずいて、
思いきり転倒するんやろ。

ほんで、
なんでそういう
めっちゃ頭のいい方々に限って、

頭のいい者同士で徒党を組んで、
皆そろって間違った方向に
走っていって、
案の定ずっこけたりする。


頭いいのに。

やっぱり人間て、
どっかが秀でてたらその分、
どっかに激しく欠陥が出るんやろなぁ。


.....


としか、言いようがない。


そういう疑問もあってか、
わたしゃ昔から、
学歴の高い人とは非常に
ソリが合いにくいっちゅう
妙な欠点がある。


おおむね、
大卒以上の人とは
心のヒダが噛み合わんというか、
何か、1歩ひいてしまうというか。
どんだけ歩みよっても、
なかなか上手く
相手の感性をなぞれん。

(あくまでも一部の人ですが。
大卒以上の人に比較的多い。)


そもそも相手が、
「これ!」っちゅう
成熟した感性を持ってないケースが
多い気がする。

(成熟というのは、
この場合「バランスのとれた」という
意味だと思ってくだされ。)

感性のバランスがとれてないからこそ、
無機質な計算式と理論を妄信(?)しがち
なんかも知れん。

....

直感や経験を置き去りにして、
理論だけでつっ走っても、
他人の心を打つ(感情を支配できる)わけがない。


土台、無理な話でさ...


私なんかは、
複雑な計算式を理解できん。
まるっきり苦手。

その分
数字に過剰な信頼を寄せずに済むんで、
ある意味ラッキーやったかも知れんと、
最近になって思う。
| 江草千春プロフィール | 勉強のこと | 04:50 | - | trackbacks(0) | pookmark |
学会は、現段階での知恵と研究データの集積所にすぎん。
腹立つついでに
言わせてくれ。

たまに、

「その件は学会ですでに結論が出ている。

ここで議論するのは無意味や」

みたいな事を言いたがる人がおるけど。


学会で出た結論が、

何年、何十年たって

「やっぱり間違いでした〜!」

なんて話もよくあるのに、

水戸黄門様の印籠でも取り出したかのように

「その議論は無意味!」

だの

「きみたちは迷信をおっかけてるだけで、
その先を追求するのは愚の骨頂や!」

だのと

話をぶった切ってくる人。

私には理解できん。

神ですか?

あなたは、神ですか?

なに?
あんたの中では、
地球はまだ平らだったりするの?

え?

先生に
円周率は3.14だよって言われたら、
その先はもう無いと思っちゃうタイプ?




あーすっきりした。

まあ、こういう日もあるさ。
| 江草千春プロフィール | 勉強のこと | 15:28 | - | trackbacks(0) | pookmark |
根本的に....
ご近所付き合いを円滑にするための
コミュニケーション学と、

国家レベルのコミュニケーション学とは

まっっったく別の次元にあって、
同じ手法が通用せん
という事すら理解しとらん人が、

政治家として、
外交について
テレビで自信満々に語っとる姿は、

信じたくない有り様で、
絶望的な気分にさせられるなぁ....



....


と思っている人が
日本国内にたくさんいると、信じたい。
(たまむし色にして逃げる私)

| 江草千春プロフィール | 勉強のこと | 15:47 | - | trackbacks(0) | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES




人気ブログランキングへ

クリックして応援お願いします!

+ ARCHIVES


+ RECENT TRACKBACK
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE