江草の日常ブログ

※このブログは、旧ブログになります。
陰陽思想に基づいた祭壇『天壇(てんだん)』に挑む中国の職人

日本においてここ10年間に活性化し、
今もなお続いている
中国に対するネガティブキャンペーンには、
新たな事実を一般に伝える部分もあった反面、同時に、
多くの弊害をも生み出しました。

私はそれらネガティブキャンペーンの内容を、
全面否定する気も、全面肯定する気もありません。

しかし、特にここ数年においては、
負の側面が特に強調されやすく、日本国内に流通する情報全体としては、適切なバランスにないと感じています。
そのことは、経済発展において、あまり賢明とは言えません。
適当なバランスを取り戻すため、
素晴らしいドキュメント動画などを、紹介していきます。

 

陰陽思想に基づいた祭壇

『天壇(てんだん)』に挑む中国の職人
※冒頭に1分間ほどCMが入ります。

※中国語放送です。日本語字幕はありません。

 

天壇(てんだん)

とは、中国の明代以降、天を祭る儀式を行うために建造された、
円形の壇の総称。古来儒家では、天命によって天子のみが天を祭ることができるとされていた。

| 江草千春プロフィール | 中国のこと | 11:28 | - | trackbacks(0) | pookmark |
中国人のケンカ魂
ケンカをさせたら、中国人の右に出る者はいないと思っています。

● 豪快に笑う。
● 相手をなだめすかす
● マックスのテンションで怒鳴り続ける。
● 容赦なく懐へ切り込む。
● 踏み込みすぎたと思えば、瞬時に相手をなだめる、情に訴える。
● ふたたび一気に切り込む。
● 話の流れが不利になれば、
 パンチが聞いたジョークで 話の流れを切る。
空気が変わったところで 
 また一気に怒鳴り 優勢にもっていく。


憤慨し
なだめ 
すかし
騙し
褒め落とし
カマかけ
泣き落とし
笑わせ

このハードなメニューを、
数時間ぶっとおしで出来るのが中国人です。


| 江草千春プロフィール | 中国のこと | 17:10 | - | trackbacks(40) | pookmark |
商売人の激突
前の職場がらみで、
中国の商売人と日本の商売人が
ムチャクチャな口論をして収集がつかなくなる場面を、
嫌というほど見てしまった私は、

いまだに中国の商売人と関わりができそうになると、
それだけで寒イボが立つのです。

日本の商売人は、中国の商売人の言動パターンをまったく理解できんし、
中国の商売人は、日本の商売人の感性・風習に「?クエスチョン」ばかり抱いていたように思います。

お互い何も理解しないまま、
体力と金だけ消耗して終わり。

どっちも悪くないんよね。

ひとえにお互いが、お互いの文化を知らなさすぎる。

というか、違いが多すぎて理解しきれん。

中国はどんどん変わってきとるけど....

さて....

やっぱり私は寒イボが立ちます。
| 江草千春プロフィール | 中国のこと | 23:27 | - | trackbacks(0) | pookmark |
荒稼ぎを狙う中国

世界的な不景気の中、

先進諸国の一部の大手企業たちが、

中国の外面の情報戦略に

完全におどらされとるよね。

不況の影響で判断能力が停止したのかしらん。
 

| 江草千春プロフィール | 中国のこと | 14:26 | - | trackbacks(0) | pookmark |
上海いこか6/逆ホームシック状態
日本にもどって1週間、
はやくも逆ホームシック状態。

上海では、テレビも街の人も、朝から晩まで北京語をしゃべってて、
妙にそれが心地よかった。
(誰も上海語をしゃべってなかった気がする)
北京語も、なんか上海なまりで、ときどき何言ってるか さっぱり分からんかったけど。

それが、
日本にもどったら、北京語のペの字もない毎日。

テレビで放送されてる台湾ドラマは、
なんか全体的に台湾なまり(?)で
感じが違うし(発音がなんか日本語っぽいよなー)

もっと ベイジンホヮ な日常が欲しい〜〜

日本語は聞き飽きたよゥ...




| 江草千春プロフィール | 中国のこと | 11:51 | - | trackbacks(0) | pookmark |
上海いこか5/表は超大都会、裏は…ひでェ
手さげカバンひとつで、ノープランで行ってきた初めての上海。
見るもの聞くもの全てが面白くて興奮の2日間やった。



それにしても上海の人達の仕事ぶりには驚いた。
基本的にみんな無愛想、スタッフ同士で大声でおしゃべり、座り込み、居眠りなどなど。
タクシーでは、さっきまで人なつっこかった運転主が、
金を払ったとたんに目を合わせなくなる。
お釣りは?と聞いたらザックリとした金額が戻ってきたが、
この時、4元ほど釣り銭をちょろまかされる。
鬱陶しいので、無視して下車。



観光スポットなどくそくらえ、
ホテルは無名の庶民的ホテル。
しかし、ちゃんとシャワーが出たし、日本語の分かるスタッフがいたので
かなり居心地が良かった。ラッキー。
壁、天井、家具のすべてにビビが入っているのはご愛嬌。
水道水が濁っていたものの、最初から綺麗な水など期待していないので問題なし。
ホテルがあった街のすぐ隣には、高層ビル群が果てしなく広がる。
見たことがないほど大きい、高層ビル建築用の重機があちこちで稼働している。
スケールが大きすぎて理解不能。
それに比べると大阪はなんて田舎なんやろ。





それに対し、少し郊外にあるのは、
悪臭とハエが群がる上海。
路上で昼寝をするおっさん、おばはん。
たまに見かける、派手な整形美女軍団。
路地に貼り出された新聞を食い入るように読む人々。
そしてその新聞に書かれた、×× だらけの記事……。
中国政府…まじでヤバい。







黒ずんだ板の上で、ハエにまみれながら肉をさばき、料理を作る
超絶に不衛生なレストランが多く。
あれを見ると食べる気を失う。
正直言って、
日本の食品偽装問題なんかどうでも良くなった。


上海。
むちゃくちゃ派手やし、ビルがめっちゃ多い。
でも裏は臭い、汚い、建物がくずれそう。

テレビのCM、贅沢品の宣伝が目にしみる。
モデル、俳優は、なぜかやたら日本人顔風。
報道番組の内容は、××にひどく傾倒している。
ずっと上海に住んでる人は、どう思ってるんやろか。

スーパーマーケットに入ると、海外有名ブランドのパクリ商品が当たり前のように置いてある。
てか、なぜスーパーの中にもハエ達が?




ロッテじゃなくて、ラッテです。
ボスじゃなくて、ボンドです。


積み重ねられた商品の上に座って、貧乏ゆすりをしながら歌をうたう店員。
その横で喋り続ける別の店員。
向かいの商店には昼寝する女主人。
そのまた向こうには、歌をうたうホテルマン。

喋って歌って昼寝する、上海の人達おもろかった。また行こう。



大阪にもどったのは夜。
疲れたけど楽しかった。
次回は、一ヶ所くらい観光スポットに行ってみよう
| 江草千春プロフィール | 中国のこと | 22:45 | - | trackbacks(0) | pookmark |
上海いこか4/パスポートセンター
パスポートセンターに行って来た。

そこでパスポートの申請用紙をもらって、
必要事項を記入したらば、
用意していた戸籍謄本とか顔写真、身分証明書をそえて
窓口に提出。

あとはパッパと書類確認がすすんで、

「これで申請を受け付けましたので、
○○日以降に△△と××の書類を持って
パスポートを受け取りに来て下さい」

みたいな。

ただし.....

しょっぱなに自分で記入する
「パスポート申請用紙」ってのが
けっこう面倒くさい。

私の隣で
用紙に記入していた夫婦なんか、
あまりのメンドクサさに夫婦喧嘩をはじめた。

旦那 「あーー、ここちょっと書きまちがえたー、もうええわ!」

嫁さん「最初から書き直さないとダメでしょう」

旦那「なんでや、もうええやんメンドクサイ!」

嫁さん 「ち....ちゃんと書かないと...」

旦那「あーーもう、うるさい!」

嫁さん「.....。........。」

 
「..... 。」



熟年離婚は こうやって引き起こされるのだな。

あの嫁さん、
旅の最終日に「あなた、もう終わりにしましょう」とか言って
おもむろに離婚届を出さなきゃいいが。
| 江草千春プロフィール | 中国のこと | 19:42 | - | trackbacks(0) | pookmark |
上海いこか3/戸籍謄本をみて思う
パスポートの新規発行にともない、

本籍地から私の戸籍謄本が郵送されてきた。

戸籍謄本って、発見の宝庫やな〜。

自分の親族の名前にしても、
正式にはこういう漢字で書くんでしたか、


とか、

亡くなったおばあさんの
正式な名前はこうやったっけ、

とか、

それぞれの出生地はそこやったんかい、

とか。

そんでもって、
時の流れとともにこれらの記録もすべて無くなるんだな、
そしてまた
よく似た家族が世界のどこかにできて、
きっと同じような人生を繰り返すんだろう。

と妙に情緒的な空想をめぐらせてみたり。


果てには、

どんな形であれ「 死(物事の終焉)」はある意味・究極の達成の瞬間で、
したがって「生」は奥深く・美しい。

などと、
端的に書いてしまうと全くナンセンスな空想をめぐらせてみたり。

さらに一越えして、

「死」といえば、

私は何かを失うことにさほど恐れを感じない。
そういう意味では、人よりかなり度胸に恵まれている。

そのくせ情にモロく、
感受性が強すぎてしばしば自己を見失う。
でも、そういう激しい感情があるうちはまだ幸せで、
自己を見失うのを通りこして『無感情の域』にまで達すると、まさに地獄なわけで。

つまり、

けっきょく私は、
周囲の全てを失う事には恐れがなくても、
『自分というもの』を失う事には恐怖を感じるんやな、
なんとも『私らしい』や...。

と思ってみたり。

戸籍謄本、たまには眺めてみましょう。







| 江草千春プロフィール | 中国のこと | 08:56 | - | trackbacks(0) | pookmark |
上海いこか2/戸籍謄本のために、郵便局へ....
上海に行くまで、あと3週間。

パスポートの申請、そろそろタイムリミットやわ。

受付が込み合う時期なんで、早めにせんとヤバいみたい。

ところが、
申請に必要な書類がまだそろってへんのよ。

● 住民票
● 証明写真
● 身元を証明できる書類など
● 戸籍謄本

上記の、一番最後のやつ。これがくせものよ。

戸籍謄本ってのは、
わざわざ
自分の本籍地で発行してもらわなあかんのよ。
つまり私の場合は、瀬戸内海の、あっちら辺よ。

戸籍謄本の発行願いの旨を書いた書類とともに、
手数料分の「郵便定額小為替」を添え、
自分の本籍地を管轄しとる市区役所まで郵送せなあかんのよ。

そんで、今日やっと郵便局に「郵便定額小為替」を買いにいったのよ。

あれは そう、夕方の5時直前だったわ。

普通はさ、郵便の窓口ってその時間までやんか。

そしたら、こう言われたわけよ。

「定額小為替は、4時までしか取り扱ってないんです」

え?
なんや?
その中途半端な締め切り時刻は?

知らんかった。
新鮮な驚き。

かくして、パスポート申請は
また1日先延ばしに。


| 江草千春プロフィール | 中国のこと | 04:38 | - | trackbacks(0) | pookmark |
上海いこか1/航空券+ホテルのシンプルパッケージ
海外なんて、
高校の修学旅行で行かされて以来
一度も行ったことない。

パスポートの申請からせなあかんわ。

あと旅費は安めに、
できれば自由に散策できるのがいいな〜〜
と思っていたら、

見つけました。
「航空券とホテルだけを、サクッと予約できるパッケージ」
http://travel.rakuten.co.jp/kaigai_package/

便利や〜〜ん。

出発地と目的地を選んで、
航空会社を選んで、
日時選んで、
ホテル選んで....

それらがセット価格で購入できるという。

えらんだホテルの近くに
どんな施設があるか、とか、
実際に利用した人達のコメント(どんなホテルだったか)などの情報も書いてある。

パッケージ旅行とちがって、
1人旅でも追加料金をとられる事がないし〜〜
明瞭会計ですわ〜〜〜(^^

でもびっくり。
色んな税金とか燃料費みたいなのも加算されるんやね〜〜
じぇんじぇん知らんかった。

なんやかんやで、
ここまでの出費が9万円になってもうた。

さらに
パスポート発行にともなう諸費用が
20,000円ほどかかって、

飛行機以外の移動費(日本と上海とで)で
10,000円

食費とかで
5,000円

そのほか諸々で
5,000円

おみやげは
メンドクサイから買わん。

どうせみんな要らんやろ?
ワケの分からん置き物が増えても困るだけや。

てことで、なんやかんやで 15 万円....
どへっ!
贅沢こいちゃったね!
だいじょうぶかね、自分!

とか思いつつ、
カードで一括払い、ポチッとな。
だって、後払いとかローンとか大嫌いやもん。


あ、保険にも入らなあかんのかな?
おっと...

た.....たのむ....

総費用20万越えだけは勘弁してくれ....

-----------------------
無計画な上海旅行レポート、次回につづく。
| 江草千春プロフィール | 中国のこと | 22:47 | - | trackbacks(0) | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES




人気ブログランキングへ

クリックして応援お願いします!

+ ARCHIVES


+ RECENT TRACKBACK
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE